BRING PLA-PLUS
プロジェクト

日本で一番アイウエアを販売している企業として、アイウエアのリサイクルに取り組んでいます。日本環境設計株式会社が運営する製品プラスチックのリサイクル「BRING PLA-PLUSプロジェクト」に発足当初の2012年から参加し、不要になったプラスチックの眼鏡を回収してリサイクルする活動を行っています。

また2020年には日本環境設計との間で資本提携を行いました。今後、両社の技術力やノウハウをさらに生かして、アイウエアの回収キャンペーンや循環再生型アイウエアの製造に向けて取り組み、アイウエアのサステナビリティを推進していきます。

メガネのリサイクル

  • ご不要のメガネをお持ちください

  • 粉砕されたメガネは、BRING PLA-PLUSプロジェクト提携先工場へ運ばれます。

  • ガス、コークスなどのエネルギーや新しい資源へとリサイクルされます(一部は新技術の実験に利用されます)

よくある質問

  • どこのお店で回収しているの?

    日本国内のJINSおよびrim of jinsで回収しています。
    これまでJINSは、10.8t分のアイウエアを回収しました。(2019年4月末)

  • どうやって回収するの?

    スタッフにお声がけの上、JINS 各店舗内に設置されている「BRING PLA-PLUS プロジェクトメガネリサイクルBOX」に不要になったメガネ、サングラスを入れてください。(※店舗によりボックスの設置場所は異なります)

  • メガネなら何でもいいの?

    日本発の高度な技術で、フレームもレンズも100%リサイクルされます。セルフレーム/メタルフレーム、メガネレンズ/サングラスなど、フレーム素材の種類、レンズの種類は問わず、アイウエア製品全てが対象です。(JINS 以外のアイウエアも対象となります。)

BRING PLA-PLUS
プロジェクトについて

BRING PLA-PLUSプロジェクトで集められたさまざまなプラスチック製品。このプロジェクトを展開する、日本環境設計の日本発の技術によって、エネルギーや新しい資源へとリサイクルされ、一部は新技術の開発に利用されます。

詳細はこちら

環境省この事業は環境省との連携のもと行われています