JINS People

方針

自然資源の循環に関する方針

JINSは、素材として多くのプラスチック原料を使うアイウエアを扱うメーカーとして、脱プラスチックおよびサステナブル素材への切替えを、業界をリードして進めていくべきと考えており、原料の調達から製造、流通、販売、廃棄/回収にいたるサプライチェーン全体で資源循環を実現することを2050年の目標に掲げ、廃棄商品ゼロ、100%循環型アイウエアへのシフトを進めていきます。
また2030年の中期目標には、販売するアイウエアの50%をサステナブル素材化、デモレンズのリサイクル率100%、各種廃棄物の削減を掲げており、サステナブルなアイウエアの研究開発と素材の切り替え、可能な限り廃棄物削減を進めていくことで、さらなる省資源化を進めていきます。

2030中期目標と進捗

サステナブル素材のアイウエアへの切替

JINSは、2030年に向けて販売するアイウエアの50%のサステナブル素材化を目指しています。それに向けて、大きく2つの素材転換を軸に、新たなアイウエアの開発と展開を進めていきます。
1つは、日本環境設計株式会社と取り組んでいる循環型アイウエアの企画・製造です 。これにより、これまで廃棄されていたアイウエアを、生産・販売・回収・再生産という完全循環型にすることを目指しています。また、もう1つはバイオ素材の活用です。バイオ素材の新規商品への採用や既存商品のリプレイスを推進することで、環境に配慮したサステナブルなアイウエア作りを推進していきます。

デモレンズのリサイクル

アイウエアにはフレームの型崩れを防ぐため、生産時にデモレンズと呼ばれるプラスチック製レンズが取り付けられています。しかし、お客様への販売時に本物のレンズと交換で処分するため、アイウエア販売においてこれも1つの大きな廃棄物となっていました。そこで2030年に向けて、JINSではデモレンズのリサイクル率100%を目標に設定。2021年8月期時点では、それに向けて素材の実験や検証を進めています。

各種廃棄物の削減とリサイクル

JINSでは、サプライチェーン全体での資源循環を2050年目標として掲げて廃棄物の削減を進めています。そのマイルストーンとして、2030年には、本社及び各店舗の運営に伴い発生する廃棄物の30%削減、さらに店舗改装における什器等の再利用率30%を達成させます。なお、物流における梱包材はすでに100%リサイクル(資源回収)を達成しています。

目標達成に向けた取り組み

日本環境設計へのグリーンボンド投資

日本環境設計株式会社は2007年の設立以来、リサイクルしたい企業と消費者をつなげる活動や、再生繊維の開発・製造、リサイクルコンサルティングなどの事業を通じて循環型社会の実現に取り組んでいる企業です。ジンズホールディングスは、環境省と連携し日本環境設計が運営する製品プラスチックのリサイクル「BRING PLA-PLUS(ブリング プラプラ)プロジェクト」に発足当初の2012年から参加。不要になったプラスチックの眼鏡を回収して燃料へとリサイクルする活動を行ってきており、2020年1月には日本環境設計の第三者割当増資株式の一部を引き受け、同社の普通株式を取得。これを機にアイウエアのリサイクル活動を促進させています。

詳しくはこちら

循環型アイウエア商品の製造

2050年に向けて取り組んでいく循環型アイウエアの第1弾として、2021年5月、サングラスブランド「JINS&SUN」から、生分解度の高いバイオプラスチック素材を使用した、クラシカルで高感度なデザインフレームの新シリーズを発売しました。
本商品では植物を主原料とした、通常のプラスチック素材よりも微生物による生分解度が高いバイオプラスチック「M49」を使用。この素材は、高品質で美しい素材の生産で世界中にファンを持つ、イタリアの老舗アイウエア生地メーカー「マツケリ社」が開発した素材で、環境に優しいだけでなく、美しい光沢と透明感、心地よい手触りと滑らかな表面など美観性を兼ね備えた高品質素材です。
こうした環境配慮に品質も両立させながら、幅広い世代のお客様が手に取りやすい価格を設定。お客様に長くご愛用いただけるように、メンテナンスを行いながら長く使える特殊構造と、流行に左右されず飽きのこないクラシカルなデザインを採用しました。

不要メガネの回収とリサイクル
BRING PLA-PLUS(ブリング プラプラ)プロジェクト

日本で一番アイウエアを販売している企業として、アイウエアのリサイクルに取り組んでいます。日本環境設計株式会社が運営する製品プラスチックのリサイクル「BRING PLA-PLUS(ブリング プラプラ)プロジェクト」に発足当初の2012年から参加し、不要になったプラスチックのメガネを回収して燃料へとリサイクルする活動を行っています。また2020年には日本環境設計との間で資本提携を行いました。今後、両社の技術力やノウハウをさらに生かして、循環再生型アイウエアの製造に向けて取り組み、アイウエアのサステナビリティを推進していきます。

メガネのリサイクル

  • ご不要のメガネをお持ちください

  • 粉砕されたメガネは、BRING PLA-PLUSプロジェクト提携先工場へ運ばれます。

  • ガス、コークスなどのエネルギーや新しい資源へとリサイクルされます(一部は新技術の実験に利用されます)

よくある質問

  • どこのお店で回収しているの?

    日本国内のJINSおよびrim of jinsで回収しています。
    これまでJINSは、10.8t分のアイウエアを回収しました。(2019年4月末)

  • どうやって回収するの?

    スタッフにお声がけの上、JINS 各店舗内に設置されている「BRING PLA-PLUS プロジェクトメガネリサイクルBOX」に不要になったメガネ、サングラスを入れてください。(※店舗によりボックスの設置場所は異なります)

  • メガネなら何でもいいの?

    日本発の高度な技術で、フレームもレンズも100%リサイクルされます。セルフレーム/メタルフレーム、メガネレンズ/サングラスなど、フレーム素材の種類、レンズの種類は問わず、アイウエア製品全てが対象です。(JINS 以外のアイウエアも対象となります。)

BRING PLA-PLUS
プロジェクトについて

BRING PLA-PLUSプロジェクトで集められたさまざまなプラスチック製品。このプロジェクトを展開する、日本環境設計の日本発の技術によって、エネルギーや新しい資源へとリサイクルされ、一部は新技術の開発に利用されます。

詳しくはこちら

環境省この事業は環境省との連携のもと行われています

再生紙ショッパーへの転換

JINSでは、これまで合計7つの環境認証を得た、環境に最大限配慮したショッピングバッグを採用していましたが、必要なお客様にのみショッピングバッグをご利用いただき資源を有効活用するために、全店舗で有料化しました(一部例外あり)。なお、お客様よりお預かりしたショッピングバッグの代金は、今後、社会に還元していくために活用予定です。

再生紙メガネケースへのシフト

JINSは、日本で一番多くのアイウエアを販売している企業として、環境負荷の低いメガネケースの導入を目指しています。現在再生紙を活用したメガネケースを試作し、全国展開を目指し、実店舗でのトライアルを行っています(2021年4月現在)。メガネケース以外にも、付属品やショッピングバッグにおいても、エコフレンドリーな取り組みを増やしていきます。

ダンボール素材を活用した商品展開

"どこでも簡単に、集中できる書斎"をコンセプトとする「Think Lab HOME」(シンク・ラボ ホーム)は、ひとりのためのソロワーキングスペース「Think Lab」の集中ブースをモデルに開発された、家庭用のDeep Think(集中)デスクです。これまでのThink Labの集中研究の知見をもとに、ブースの広さ、仕切りの高さなど、細部にまでこだわり、限られたスペースであっても自宅を居住の場と仕事の場に分けることが可能です。また、素材は99%古紙・木材繊維を原料としたサステナブル素材を使い、環境負荷の少ない物作りをしています。金属やプラスチックの使用を最小限に留め、強度や耐久性に優れた特殊なダンボール素材等を採用しています。

詳しくはこちら

長く愛用できる品質とデザイン

環境負荷を下げるためには、製品ライフサイクル(製品寿命)を長くする必要があります。JINSは、お客様に長くご愛用いただけるよう、世界的デザイナーとの協業などにより普遍的で飽きのこないデザインを目指しています。また長時間身に着けられるかけ心地の良さと、長持ちする品質を両立させ、フレームだけでなくレンズも高品質・高機能なものを取り揃えています。購入時の適切な視力測定の実施はもちろん、購入後もメンテナンスサービスを提供しています。これらの活動により、製造原材料をより少なくし、環境負荷低減にも貢献しています。