ユニバーサルマナーの習得

高齢者や障害者への適切な応対やマインド習得を目指して、社員が「ユニバーサルマナー検定3級」を取得しました。
ユニバーサルマナーとは、一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会(大阪府大阪市、代表理事:垣内俊哉)が提唱している概念で、自分とは違う誰かのことを思いやり、適切な理解の下、サポートをさりげなく実践することを意味します。
JINSは誰もが快適に居心地の良い時間を過ごしていただける店舗づくりを目指し、
店舗や社内へユニバーサルマナーを広げていくきっかけにしたいとの思いから検定を実施しました。
検定には、代表取締役CEO 田中仁をはじめ、本社社員や、エリアごとに店舗運営を統括するエリアリーダーの社員が参加、講義やグループワークを通し、ユニバーサルマナーのマインドや基本的なお声がけ方法を習得しました。

ユニバーサルマナー検定について
詳細はこちら