JINS People

方針

人材開発方針

JINSでは、従業員のことを「クリエイター」と呼び、クリエイティブな発想で新しい変革を生み出す人材と捉えています。クリエイターおよび組織の成長を促すために研修や実務を通した成長機会を提供し、クリエイターが自己の成長に責任を持ち自律的に学び続けられる環境を整えています。人材育成の基本として実務研修(OJT)と、知識を補完するために座学(Off-JT)を行っています。クリエイターの成長のために、インプットとなる研修制度とアウトプットを評価する人事制度を整備し、クリエイターがより早くプロフェッショナルになっていただけるよう仕組みづくりをしています。

主な活動

社員のキャリア開発/研修制度

JINSでは、さまざまな従業員の就業環境整備やダイバーシティ推進の一環として、さまざまな従業員研修を行っています。メガネの販売スキル教育、ビジネススキル向上研修、外部有識者による専門性の高い講演会なども行っています。

・入社研修
会社のビジョンの理解やマインドの醸成に加え、店舗で働くためのメガネ販売に関する実践的知識・スキルを学ぶことができます。

・メガネの販売スキル教育
OJTを主体とした接客やメガネ作成の教育を行っています。

・本部社員向け研修
ラインマネージャーやプロジェクトマネージャーを対象としたマネジメント研修から、新しく本部組織に参画される方を対象とした新入社員研修、組織の土台を固めるコンプライアンス研修や情報セキュリティー研修などを行っています。
それ以外にも、本人の課題感に合わせて主体的に能力開発を行っていただけるよう、いつでも学びたい時に学べる環境を用意しております。

・女性キャリア研修
女性従業員を対象に外部有識者によるキャリア研修を実施しています。これまでのキャリアを振り返ることで自身の強み・価値観を整理したり、柔軟なキャリアを考えるために仕事とプライベートの両面から今後の理想の姿を考えたりします。

・キャリアチャレンジ制度
研修ではない人材資源開発の取り組みとして、社内で新たなキャリアに挑戦するための制度です。半期ごとに複数職務から希望のものに応募することができます。店舗から本社へ異動する際は、店舗でのキャリアを最長1年間残しながら、本部での勤務が可能です。店舗では培えない知識やスキルをOJTやOff-JTにて学ぶことができます。

・ジョブチャレンジ制度
研修ではない人材資源開発の取り組みとして、社内で様々な職種に挑戦するための制度です。企画単位で本部業務に参画することで、主務である店舗業務を行いながら、業務・経験の幅を広げることができます。

ユニバーサルマナー検定の受講

高齢者や障がい者への適切な応対やマインド習得を目指して、社員が「ユニバーサルマナー検定3級」を取得しました。ユニバーサルマナーとは、一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会(大阪府大阪市、代表理事:垣内俊哉)が提唱している概念で、自分とは違う誰かのことを思いやり、適切な理解の下、サポートをさりげなく実践することを意味します。JINSは誰もが快適に居心地の良い時間を過ごしていただける店舗づくりを目指し、店舗や社内へユニバーサルマナーを広げていくきっかけにしたいとの思いから検定を実施しました。

詳しくはこちら