プレスリリース

2020.07.29

Think Lab

スターバックスとThink Labによる、はたらく人のための「夢中になれる」新店舗、銀座にオープン

・ビジネス利用の快適さを追求し、予約席などを取り入れた「SMARTLOUNGE™」
・JINSの集中研究によって生まれたソロワーキングスペース「Think Lab」
・新しいはたらき方を支える「Co-Work(コワーク)」「Solo-Work(ソロワーク)」を併せ持つ空間構成
・モバイルオーダー&ペイやキャッシュレスで、クイックでスマートな購買体験

スターバックスコーヒージャパン株式会社〔本社所在地:東京都品川区、代表取締役最高経営責任者(CEO):水口貴文〕は7月30日(木)、銀座に「スターバックスコーヒーCIRCLES銀座店」をオープンします。

はたらく人のための「夢中になれる場所」をコンセプトにした店舗の2階部分は、特にビジネス利用を意識し、株式会社Think Lab〔本社所在地:東京都千代田区、代表取締役(CEO):田中仁、以下Think Lab〕と、スターバックスそれぞれの持つ特長的なサービスを踏襲し、共に創り上げたユニークな空間です。予約可能なブース席やミーティングスペースなどビジネスユーザーへの快適さを追求した「SMART LOUNGE™」と、アイウエアブランドJINSの集中研究から生まれた究極のソロワーキングスペース「Think Lab」が共存する店舗となります。

ひとりで集中して考えたり、人とつながりアイデアを共有したりし、創造する。
オンラインミーティングに快適なブース席や組み合わせ自由なテーブル席が用意された「SMART LOUNGE™」と有料制のソロワーキングスペース「Think Lab」を店内に取り入れることで、コーヒーを片手に「Co-Work(コワーク)」と「Solo-Work(ソロワーク)」を選択できる特長ある店舗空間で、変化するワークスタイルに合わせた新たな「はたらき方」を提案します。

詳細はこちら

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • プリントする