プレスリリース

2021.04.08

JINS店舗

創業の地・群馬県前橋市に地域コミュニティのハブを目指した新施設「JINS PARK」2021年4月29日(木・祝)オープン

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、創業の地である群馬県前橋市に地域コミュニティのハブとなることを目指した新施設「JINS PARK(ジンズ パーク)」を2021年4月29日(木・祝)にオープンします。当施設は、アイウエアブランド「JINS(ジンズ)」と、飲食事業として新たに展開するベーカリーカフェ「エブリパン」の店舗を施設内に併設。誰もが自由に使用できる屋外広場や、施設内にも大階段や屋上テラスなど広々とした空間を設けることで、地域に新しい交流が生まれる場をつくるなど、JINSが地域と共生することを目指した新しい店舗形態となります。

ブランド立ち上げ20周年の節目にメガネ・食・交流を提供する施設をオープン

JINSの立ち上げ20周年となる本年、群馬県前橋市に新たな価値提供を目指した新施設「JINS PARK」をオープンします。同施設には「JINS」に加え、JINSが新たに立ち上げるベーカリーカフェ「エブリパン」を併設。施設名の「PARK」には、公園のように「みんなの場所」を目指すという想いを込めており、施設内外には地域の方々が自由に使える広場を複数設けるなど、一つの空間で様々な価値が融合する空間となっております。

前橋の空へ続く中央の大階段と店舗が間仕切りなく繋がった空間が特長の施設設計

JINS史上最大面積を有する「JINS PARK」の設計は、国内外の様々なプロジェクトを手掛ける建築家の永山祐子氏が担当。訪れるたびに新しい出会いがあり、大人にとっても子どもにとっても居心地がよい、そんな明るく開放的な空間を目指しました。まず1階のエントランスを抜けると、空へと抜ける大階段が訪れた人を出迎えます。丘に腰をかけるように座ることができる大階段は施設中央に配置され、その先に繋がる2階の吹き抜けのスペース「うえひろば」へと空間が続いています。また、お客様が施設内を自由に回遊し連続した体験が得られるよう、JINSとエブリパンの店舗スペースはあえて間仕切りなく配置しました。今後、芝生がひろがる屋外の「ひろば」などのスペースについては、JINS主催のイベントだけでなく、地域の方々がワークショップやイベントを行える空間として貸し出しを予定しており、地域に新たな交流を生む場を目指していきます。

愛すべきみんなの味に、ひと工夫。ベーカリーカフェ「エブリパン」をオープン

「JINS PARK」では、新たな飲食事業となるベーカリーカフェ「エブリパン」をオープンします。「エブリパン」というブランド名には、みんなが愛する味を、いつも出来立て、作り立てでお届けしたいという想いが込められています。メニューは、どこか懐かしさを感じる味の約60種のパンをご用意。群馬県産小麦や地元の新鮮な素材にこだわった総菜パンを中心に、定番の焼きたてパン「いつものパン」や、オーダーが入ってから調理を開始する「とくべつパン」をラインアップ。アイウエアに留まらず、食を通じたお客様同士のコミュニケーションを提供し、皆様の生活を豊かにしていきます。

詳細はこちら

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • プリントする