プレスリリース

2021.06.23

JINS商品

「JINS 2021 SUMMER FASHION COLLECTION」6月24日(木)より登場

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、海外で注目されている最先端のアイウエアトレンドを、より取り入れやすいデザインでどこよりも早く商品化し、シーズン毎に展開していきます。その第一弾として「JINS 2021 SUMMER FASHION COLLECTION」を、2021年6月24日(木)より全国のJINS店舗、JINSオンラインショップ(www.jins.com)にて販売いたします。

海外で注目されているアイウエアトレンドを取り入れやすいデザインに

ファッション同様、毎シーズン変化するアイウエアのトレンド。JINSは、海外で注目されている最先端のアイウエアトレンドをいち早くキャッチし、よりかけやすいデザインに落とし込み独自性を持って発信していくことで、国内でも新たなトレンドとして根付かせることを目指していきます。
その第一弾として、今シーズンは「EDGE」をテーマに、世界的なトレンドとして注目されている“多角形”に着目した「JINS 2021 SUMMER FASHION COLLECTION」を展開。ここ数年のアイウエアトレンドをけん引し、世界的にも注目されている多角形フレームの中から、日本ではまだあまり見慣れないけれど顔馴染みがよく、程よい違和感のあるエッジの効いた2つの新しい玉型のフレームをJINS独自にネーミングし商品化しました。これから毎シーズン、テーマを設けて新たなトレンドを発信していきます。

JINSが新たに提案するのは、かけるだけで旬顔になれる多角形フレーム
「PEG-TOP(ペグトップ)」と「TAPERED(テーパード)」

今回のシリーズは、2つのデザインの玉型を、洋服のデザインから着想を得た「PEG-TOP(ペグトップ)」と「TAPERED(テーパード)」とネーミング。2つのデザインで全8型24種を展開します。「PEG-TOP」は、丸みを帯びながら下に向かって細くなるコマのようなフォルムが特徴。柔らかい印象ながらも、ひとつ角があることで引き締まった印象になり、忘れられない表情を演出してくれます。「TAPERED」は、下に向かって直線的に細くなるイチゴのような形の台形フレーム。直線的なラインでマニッシュな印象ながら程よい抜け感があり、多面的な魅力を演出してくれます。両デザイン共に、メタルを基調とした細身のフレームと、フロントにボリューム感を持たせた重量感のあるフレームの2パターンをご用意しました。トレンドをしっかり押さえ、少しエッジが効いているけれど顔馴染みの良いデザインに仕上げました。
今後も新しいトレンドをいち早く商品化していきますので、是非ご期待ください。

詳細はこちら

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • プリントする