JINS People

プレスリリース

2022.09.09

JINS店舗

JINS初!商品棚の資源循環に挑戦したサステナブル店舗「JINS富士入山瀬店」9月16日(金)オープン

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、静岡県富士市にロードサイド店舗「JINS富士入山瀬店」を2022年9月16日(金)にオープンします。静岡県内の店舗としては13店舗目となります。

全国のJINS店舗で役目を終えた商品棚を原料とした新たな循環型商品棚を開発!

JINSは企業として持続可能な社会の実現を目指し、太陽光パネルを設置し温室効果ガス排出削減に取り組む「JINS前橋小島田店」やアイウエア業界のロードサイド店舗で初めて「BELS評価」最高ランクを獲得した環境配慮型店舗「JINS会津若松店」をオープンするなど、サステナブルな店舗づくりに取り組んでいます。
この度、新たにオープンする「JINS富士入山瀬店」では、JINSとして初めて商品棚の資源循環に挑戦しました。今回、商品棚の素材として採用したのは、廃棄衣類や木材といった原料をアップサイクルした循環型繊維リサイクルボード「PANECO®」。全国のJINSで役目を終え、廃棄予定になっていた約46台の商品棚の木材や衣料品などが原料となり、富士入山瀬店用の商品棚6台とカウンターの一部として新たに生まれ変わりました。

地域と共生する店舗を目指して、富士市原産の富士檜や地元ゆかりのアートを起用

さらに、地域の方々にJINSをより身近な存在と感じていただきたいとの思いから、下がり天井や店内のボックス型のスツールには、地元富士市原産の富士檜(ひのき)を採用。また、富士市は富士山麓からの豊富な湧き水に恵まれ、「紙のまち」としても知られることに着目し、商品棚の引き出しなどには、従来の木材ではなくコットンパルプや精製木材パルプでつくられた強化紙を使用しています。
店内壁面には静岡県を中心に活躍するイラストレーター齋藤智仁氏のアートを起用。富士市が竹取物語の発祥の地であることから竹や月をモチーフに情緒あふれる空間を作り上げました。
JINSは、これからもサステナビリティを考慮した店舗づくりに取り組んでいくとともに、地域のお客様に愛されるアイウエアブランドを目指してまいります。

詳細はこちら

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • プリントする