採用メッセージ

自分自身が変わることから始まる
「あたらしい、あたりまえ」

さらなる新しい価値を追い求めて

「Magnify Life」は、「JINSは何のために存在するのか」を示したVision(存在意義)です。それは、人々の生き方そのものを豊かに広げ、これまでにない体験を届けること。そのために、私たちは「あたらしい、あたりまえ」を創造していきます。

JINSは2001年、30,000円前後するような高価なものとされていたメガネを5,000円という低価格で手に入れることができる仕組みをつくりました。そして近年では、デジタルツールが不可欠となり目を酷使するなど時代とともに変化する生活習慣に併せ、日常的にメガネを必要としない人に対しても眼を守る手段としてアイウエアの新たな市場を生み出しました。

以来、Magnify Lifeの実現を目指し、アイウエアの分野においてさまざまな挑戦を重ねてメガネの販売本数日本一の企業へと成長し、多くの方々の生活の一部にJINSを感じていただく機会が増えてきました。

現在、日本市場においては451店舗(2022.02時点)、47都道府県すべてに店舗を出店し、JINSを必要としてくださる方々とつながる基盤ができつつあります。グローバル市場においても中国や米国、台湾など5か国235店舗(2021.12時点)に拡がり、今後も東南アジアや欧州も視野に入れながら、よりグローバル展開を進め、Magnify Lifeを世界中に広めていきます。

そしていま、私たちはアイウエアに留まらず、さらなる新しい価値を追い求めています。
そのひとつが「地域共生」です。
JINSがいることで、まちや社会が豊かになる。そんなMagnify Lifeの体現です。
それは、1本のメガネをお客様へ届けることからはじまり、地域イベントや新たなサービス・事業を通じてその土地で暮らすお客様との接点を増やし、地域と一緒に豊かな人生を送れるきっかけを、さまざまな形で創っていきます。

Magnify Lifeの実現に欠かせないAttitude

JINSが求めるのは、Attitudeとして定義している3つの姿勢「Progressive」「Inspiring」「Honest」を体現できる人材です。

Progressiveは、「あたらしい、あたりまえ」を生み出すために、変化を恐れず挑戦し続けること。私たちのVisionであるMagnify Lifeの実現に、自分自身の思いをのせて意思を持ってミッションをやり遂げることができる人が求められています。
Inspiringは、他者に寄り添い、つながることを意味しています。個性を発揮しながらも仲間やチームワークを大切し、良い相乗効果を生み出せる人がJINSには必要です。

そして、すべての大前提にあるのがHonest、誠実であることです。仕事とは、仲間や地域社会などとの関わりから生まれるものです。独りよがりではなく相手を思い、誠実であることが、社会に必要とされるブランドとしてあらゆる課題と向き合うときの突破口となる、そうわたしたちは考えています。

またJINSには行動指針として、6つのWayがあります。それぞれ異なる役割や職務の中で、行動そのものは異なりますが、行動の目的や方向を示し、時として一歩踏み出す勇気となり原点となるような共通言語として定義しています。

共感から生まれる「あたらしい、あたりまえ」

私自身も異なる業界からJINSに入社しました。実感したのは、コミュニケーションを大切にする文化が形成されていることです。そのチームワークで仕事を進める風土が、当事者意識としてひとりひとりのビジョンとなり、仕事をつくっていました。

JINSはSPA企業として企画から生産、販売まで一貫したフローがあり、そこに面白さがあります。
企画を立てるということは「まだない価値をこの世に生み出すこと」です。店舗を通じてマーケットを分析し、自分たちで納得いくクオリティのものを生み出す。そして、自社のチャネルを使って迅速に小売に投入する。このSPAの仕組みを最大限に生かして挑戦することができます。

時として大きな壁が立ちふさがり、困難もあるかもしれませんが、JINSはMagnify Lifeの実現に向けたひとりひとりの挑戦を応援するために環境を準備します。
あなた自身の変化や挑戦が、未来のあたらしいあたりまえをつくります。

ご自身の変化や成長を楽しみたい方、世の中にまだない価値がうまれるワクワクを感じたい方、ひとつの日本ブランドを世界に確立したい方。ぜひ、JINSでいろいろなことにチャレンジしてください。

そのためには、まず、JINSの価値観に触れてください。
そしてもし共感いただけたのなら、ぜひ、あなたの価値観を私たちに教えてください。
お互いの価値観がつながり、ひとつになったとき、Magnify Lifeは実現すると私たちは考えています。

CHRO 小林真吾

PICK UP CONTENTS