JINS People

主な活動

近視予防フォーラムへの協賛

近視人口は世界的に増加しており、特に中国、香港、台湾、シンガポール、韓国といった東アジアの国々での増加が顕著です。日本でも、2019年に東京都内の小学生と中学生それぞれ約700人を対象とした近視疫学研究が慶應義塾大学医学部眼科学教室の近視研究チームにより行われ、小学生では76.5%、中学生では94.9%が近視との研究結果が報告されました。さらに中学生では、9割のうちすでに約1割が強度近視に進行していることも報告されています※。一方で近年、「屋外で遊ぶ時間が長い子どもは近視になりにくい」「太陽光が近視予防に有効」などの、日常生活で取り入れられる予防法も分かってきており、子どもたちを取り巻く環境を見直す重要性も高まってきています。

『近視予防フォーラム』(https://myopia-prevention.jp)は、この現状を踏まえ、近視の正しい理解と、そして幼少期・学童期から成長期、成人の近視進行予防につながる知識を、広く社会に伝えるための支援、普及、啓発活動を行うことを目的として、2020年6月22日(月)に発足されました。JINSでは同日より、「近視予防フォーラム」の趣旨に賛同し、協賛企業となりました。

※:Yotsukura E, Tori H,… Tsubota K. JAMA Ophthalmol, 2019 Aug

詳しくはこちら

見る育講座

目の仕組みを知ることで、目について関心を持ってもらいたい。そんな思いから学研プラスと共同で、ものが見える仕組みや目に見えない光など、様々な実験を通して目のひみつを探る親子向けワークショップを開催しました。

詳しくはこちら