エリアディレクター

一人一人が組織のエンジンとなり
円陣を組んで推進力高く進む
「円陣×ENGINE」を目指す

エリアディレクター

今井 優樹YUKI IMAI

これまで

自分の行動が変わればチームが変わる
失敗から学んだチーム作りの原点

入社する前から、JINSは好きなブランドでした。就職活動を始めるとき、就活用のメガネを買うためよく通っていたJINSへ行き、店長に「本気で打ち込める仕事がしたい」と話したところ、「一緒に働こう」と声をかけてもらったことがきっかけで会社説明会に参加してみることに……。会社説明会では「本気で一番を目指したいなら、次も来てよ」と言われ、その本気度の高さに魅了されました。
これまでの仕事でもっとも熱意をもって取り組んだことは、クリエーターにJINSのビジョンである「Magnify Life」とコアバリューを理解浸透させることです。
ストアディレクターになって一年目、クリエーターたちとうまく意思疎通が取れず、不満を溜めてしまったことがありました。自分では意思疎通が取れていると思い込んでいたので、エリアディレクターからクリエーターたちの本音を聞かされたときは、ショックでしたね。でも、自分自身が変わることですべて解決すると気付き、店舗として目指すべき方向性やクリエーターたちが目指したいことについて本音をぶつけ合いながら話し合い、会社のビジョンを頻度高く、熱意をもって伝えることを心がけました。自身の行動が変わればチームも変わることを実感し、それまでは自分が成長することに“満足感”を感じていましたが、仲間の成長や環境を整備することに“達成感”を感じるようになりました。この姿勢は、いまもチームビルディングの礎になっていると思います。

今とこれから

自分が1番になれることを持ち、
会社や仲間に還元できることを増やす

現在はエリアディレクターとして、管轄エリアの店舗の統括管理業務を行いながら、現場と本部の橋渡しも行っています。
大切にしているのは、クリエーターの働く環境を整備し、個々のポテンシャルをあげること。
私は、会社の想いを直接お客様に届ける場として店舗が存在し、JINSのビジョンをクリエーターが体現することが重要だと思っています。
その思いをできるだけキャッチ―な言葉で伝えようと、「全員“で”JINS、全員“が”JINS」をキャッチフレーズに、それぞれが個性を磨き、その個性を認め、活かし合いながら、新しいJINSのサービスを提供できる環境づくりに取り組んでいます。
そして、一人一人が会社の成長を支える機動力=“エンジン”となり、チームとして“円陣”を組んで推進力高く進んでいけるよう、「円陣×ENGINE」というエリアビジョンを立てました。
自分自身の目標としては、エリアディレクターの中で自分が1番になれることを探したいですね。ONE PIECEで言えば、医療技術で仲間に貢献する「チョッパー」のような存在になりたい(笑)。
一番になれる武器を持ち、新しい重要な案件があるとき、「あいつを仲間に入れておけば安心」と思ってもらえるような、替えの効かない存在になりたいのです。重要な場面で頼られることで、自分自身の成長機会をつくり、そうした良い成長サイクルに自分を乗せながら、会社や仲間に還元できることを増やしていきたいですね。

私が大切にしている言葉

円陣×ENGINE

手前味噌ですが、自身の管轄するエリアのエリアビジョンでもあります。
過去の失敗や学びから導き出した、自分なりの組織の志でもあり、思考の原点でもあります。
個々が当事者意識を持ち、組織を前に進める「エンジン」となり、みんなで「円陣」を組んで臨むことで推進力のある組織であろうと常に自分に投げかけています。

キャリアステップ

  • 2012

    クリエーター(社員)

  • 2013

    ストアディレクター
    (店長)

  • 2018

    エリアディレクター
    (地域責任者)

社員インタビュー