クリエーター

チャレンジを続けるJINSで
自分も強みを活かして
変化し、成長し続けたい

クリエーター

大里 みずきMIZUKI OSATO

これまで

台湾でJINSのインターンシップに参加し
イキイキと働く社員たちに衝撃を受けた

学生時代に、台湾でJINSのインターンシップに参加したことがJINSとの出会いでした。
参加した当時は、まさにこれからJINSが台湾に出店しようとしている立ち上げの時期。何もかもが試行錯誤の連続で、恐らくとてつもない仕事量をこなしているはずなのに、JINSの社員は「大変だね!」と言いながら、みんな楽しそうにイキイキと働いているんです(笑)。その姿を見て衝撃を受けるのと同時に、自分がJINSで楽しく働いている姿を想像することができ、入社を決めました。
現在は店舗で接客をメインに、クリエーターの教育管理や店舗の運営サポートを行っています。
入社後、仕事に慣れ、目指していた資格を取り終えた頃、目標を失いかけたことがあります。そんなときストアディレクターから、「自分の視線の高さを上げると、いろんな仕事が見えてくるよ」とアドバイスを受けました。それからは視線を自分だけではなく、一緒に働く仲間に向け、どうすれば仲間が働きやすくなるのかを考えるようになり、新たなやりがいが見えてきました。
例えば、所属する店舗には英語を話せるスタッフが少なく、海外からのお客様に対する接客が課題でした。そこで、英語が話せなくとも指差しだけで会話ができるような英語の接客マニュアルを作成。すると自店のオぺレーションが格段によくなり、他店でもそのマニュアルを使ってもらえるようになりました。得意分野である英語を活かして、誰かの役に立てたことはとてもうれしかったですね。

今とこれから

自分で考え、能動的に行動し
+αのサービスを生み出す

大切にしているのは、「仕事は創り出すものである」という意識です。ただ目の前の仕事を効率よくこなすだけではなく、能動的に自分の頭で考えて行動することで、お客様に喜んでもらえる+αのサービスや、仲間が働きやすい環境を作り出すことができ、そこから自分のやりがいも生み出す事ができると思っています。またそうした意識をもち、周りを巻き込みながら行動し、少しずつ変化することが、「あたらしい、あたりまえ」につながると考えています。
例えば、お客様の「これがほしい」という要望に対しても、ただ要望を聞くだけではなく、本当になりたい姿や用途を具体的にヒアリングし、お客様のニーズを深堀しながらよりよい提案をできるようになりたいと思っています。
JINSは、「個人の成長が会社の成長である」と本気で考えている会社だなと感じますね。個々の成長を応援するための教育制度、人事制度が次々と立ち上がっていますし、現場からのフィードバックを活かしながら制度自体が日々変化しているところにも本気度を感じます。会社自体が大きな挑戦を続けているので、私自身も、クリエーターの一人一人が、より自分の強みを生かして働ける環境を作れるように成長したい。そして、将来的にはまた海外店舗の立ち上げに携わってみたいですね。

私が大切にしている言葉

楽しい環境を作るのは自分

台湾でJINSのインターンに参加した頃に先輩社員の方に言われた言葉です。台湾のJINSで出会った先輩社員一人一人が素晴らしくて、仕事も楽しく、その雰囲気をとても気に入っていました。すると先輩が「JINSにはたくさんの店舗があるので、楽しくないと感じる職場もあるかもしれない。そんなときは、環境のせいにするのではなく、自分が楽しい職場に変えていけばいいんだよ」とアドバイスしてくれました。それ以来ずっと心の中にある大切な言葉です。

キャリアステップ

  • 2017

    クリエーター(社員)

社員インタビュー