グローバル戦略

海外で、現地の文化に
JINSの良さをプラスして
新しい価値を伝えたい

国内本部(グローバル戦略)

小和田 麻実ASAMI KOWADA

これまで

ハードルの高い仕事に
挑戦することで成長してきた

JINSに興味をもったのは、会社説明会で会社のビジョンを聞いたときでした。単にメガネを作って売るだけでなく、「あたらしい、あたりまえ」を創るために挑戦を続けながら新たな道を切り拓いていくという考え方に共感しました。私は現状維持が苦手なので、この会社ならやりがいをもって前に向かって進み続けていけると思ったので入社しました。
入社後、自分にとって大きなチャレンジとなったのは、入社2年目の成田店勤務の時。新卒としては1番下のポジションだったのですが、ストアディレクター(店長)や2番手の上司が担当する仕事を積極的に任せてもらいました。責任も感じましたが、挑戦させてもらうことによって、ただ指示を待つのではなく、自分で考えて行動する癖がつきましたし、何事もチャレンジすることで成長できるのだと実感できたことは大きな収穫でした。
自分自身の経験から、後輩に対しても「この子にこの仕事はまだ早い」と考えるのではなく、フォロー体制をしっかりと考えた上で、どうチャレンジしてもらうかを考えられるようになりました。

今とこれから

海外の文化の良さを活かした
新しいJINSのスタイルをつくりたい

グローバル戦略チームに配属となった現在は、海外の店舗で働くための準備期間として社員研修のトレーナーや店舗開発など、本部でいろいろな仕事を経験しています。
グローバル戦略チームに応募した理由は、現地の文化を生かしながら、JINSの良さを海外の人に伝えたいと思ったからです。前述した成田店は、外国人のリピータの方がとても多い店舗でした。JINSの接客が気に入って来日するたびに来店くださる海外のお客様も多く、日本の丁寧な接客は海外の人にとってインパクトがあることに気付きました。
一方で、ハワイに旅行して買い物をしていると、店員さんが「Hi!元気?」などと気軽に話しかけてくれます。そのフランクさがハワイの良さです。こうした現地の文化とJINSの接客の良さを上手に絡められれば、新しい接客スタイルを提供できるのではないかと思っています。それが入社当初に私が共感した「あたらしい、あたりまえ」になるのではないかと考えるとワクワクしますね。いつか、海外の仲間と一緒に、新しいJINSをチームで作り上げることができればうれしいです。

私が大切にしている言葉

〝万事塞翁が馬〟

よい事があっても図に乗らず、謙虚に一つひとつ丁寧に。そして悪いことがあっても、それをポジティブに変える方法は必ずあると考える意識はずっと大切にしています。

キャリアステップ

  • 2015

    クリエーター(社員)

  • 2018

    ストアディレクター

  •  

    キャリアチャレンジ制度

  • 2019

    国内本部
    (グローバル戦略)

社員インタビュー

ENTRY