エリアディレクター

仲間の働き方や
働く思考を自由にする
新しい環境をつくりたい

エリアディレクター

永野 喜子KIKO NAGANO

これまで

相手の心に響くコミュニケーションを
意識するようになった

エリアディレクターになると、ストアディレクター(店長)時代と比べて抱える仲間の数も極端に多くなります。JINSの『人』に惹かれて入社し、人を大事にしたいという思いがあったからこそ、従業員一人一人と関わる時間が少なくなることに初めは葛藤がありました。
限られた時間の中で仲間のパフォーマンスを上げるためどうすればよいか考えて、鍵となるストアディレクター(店長)との関わりを密に取ることを心がけるようになりました。どんなに忙しくても各店舗のストアディレクター(店長)とは必ず毎月面談をし、コミュニケーションを取るようにしています。
伝えたいことを頭で理解してもらうだけではなく、もっと深く、心の奥まで届くコミュニケーションを意識する。心に届けば、各ストアディレクター(店長)が自分なりに解釈をして熱意をもって行動してくれるようになってくれます。想いがまだ心に響いてないなと感じるストアディレクター(店長)には、「もっと熱量を持って接しよう」「もっと面談に時間を割こう」といった勘所もわかってきました。コミュニケーションの緩急の付け方を掴めるようになってからは、自分の役割を楽しめるようになりましたね。

今とこれから

仲間の可能性を広げるため
知見を高め、成長し続けたい

エリアディレクターになった時に感じたことは、仲間がどれだけ成長できるかは私のキャパシティにかかっているということ。私が自分のキャパシティを広げないとみんなのキャパシティも広がりません。自分の成長の重要さに気付きました。
今は、どんなに忙しくても仕事以外で自分のための時間を取ることと、積極的に外部から情報収集するようにしています。知見を高めるため、会社の制度を使って外部の研修を受講したりもしています。
女性でも男性でも、年齢を重ねていくと仕事で求められることが増えてくるし、ライフステージも変わります。働き続けるためにプライベートを我慢したり、逆に働き続けることをあきらめたりするのはもったいない。「やろうと思えば意外と全部できるよ!」と言えるような、誰にとっても働きやすい環境をつくりたいと思っています。
もっと視野を広げていろいろな働き方を学び、仲間の働き方や、働く思考を自由にできるような環境を提供できたらうれしいですね。

私が大切にしている言葉

仕事もプライベートも全力!

一日一日、全力投球でいくことを大事にしています。コレがやりたい!と思ったら一日中仕事することもあるし、休日疲れていたら、家事を夫に任せて思い切りひたすら休みます(笑)。

キャリアステップ

  • 2015

    クリエーター(社員)

  • 2016

    ストアディレクター
    (店長)

  • 2019

    エリアディレクター
    (地域責任者)

社員インタビュー

ENTRY