JINS People

プレスリリース

2021.05.27

JINS商品

JINS初!バイオプラスチックを使用した「CLASSIC」がJINS&SUNより発売

株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、4月より立ち上げ早くも好評を博しているサングラスブランド「JINS&SUN(ジンズ アンド サン)」より、JINS初となる生分解度の高いバイオプラスチック素材を使用した、クラシカルで高感度なデザインフレームの新シリーズ「CLASSIC」を6月5日(土)の「環境の日」に先駆け、2021年5月27日(木)よりJINSの一部店舗およびJINSオンラインショップ(www.jins.com)にて発売いたします。

JINS初!生分解度が高いフレーム素材。サステナブルな社会に相応しい価値を提案するJINS&SUN「CLASSIC」コレクション

「JINS&SUN」は、 “EVERYDAY EYE WEAR”をコンセプトに、サングラスの民主化を目指し立ち上げたサングラスブランドです。立ち上げ前から大きな反響をいただき、発売後は欠品が続出するなど、すでに多くの方にご愛用いただいております。そんなJINS&SUNが新たに「CLASSIC」カテゴリを拡充。
この「CLASSIC」は、伝統的で高感度なデザインに、これからの時代のための新しい素材や技法を付加価値として提案する、『今』という時代の価値観を体現するコレクションです。
今回のコレクションの最大の特徴は、植物を主原料とした、通常のアセテートよりも微生物による生分解度が高いバイオプラスチック「M49」を使用していること。この「M49」は、高品質で美しい素材を生産することで世界中にファンを持つ、イタリアの老舗アイウエア生地メーカー「マツケリ社」が開発した素材で、環境に優しいだけでなく、美しい光沢と透明感、心地よい手触りと滑らかな表面など美観性を兼ね備えた高品質素材です。
JINSにとって初となるサステナブルな商品は、品質も両立させながら、幅広い世代の方が手に取りやすい価格に設定。流行に左右されず、メンテナンスを行いながら長く愛用いただける特殊構造を採用し、デザイン感度の高いクラシカルなデザインで展開します。

「木組み」から着想を得た丁番フロント構造で単一素材に分解・分別が可能
“真”のリサイクルを実現するだけでなく繊細なメンテナンスができて長く使える

「CLASSIC」は、「木組み」から着想を得た丁番フロント構造になっており、単一素材に分解・分別することが可能です。真の意味での分別リサイクルを実現できるように配慮されています。また、細かく分解できることで、これまでにない細やかなメンテナンスが可能になり、長くご愛用いただけます。
フレームシェイプは、王道のクラシカルな「ボストン」「ウエリントン」「サーモント」の3型をご用意。3型とも太く量感があるボールドなデザインで、「M49」を採用することで軽量樹脂素材では難しい奥行きのある色の深みと艶の経年変化を楽しめるデザインです。新機構のフロント構造の丁番はかけ姿を引き締めるアクセントパーツとしての役割も果たしております。
トレンドを“ファスト消費”するのではなく、共に年齢を重ねながら、いつか環境負荷を最小限に抑え自然に還す。そんな製品ライフサイクル自体を大切にする方にこそ、ご愛用いただきたいコレクションです。

詳細はこちら

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • プリントする